命を弄ぶ男ふたり

命を弄ぶ男ふたり

tatt

tattプロデュース

命を弄ぶ男ふたり

画像をクリックするとチラシを閲覧できます

上演日程 2019年03月01日~2019年03月03日
作 者 岸田國士
演 出 納谷真大
会 場 シアターZOO
住 所 札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F
主 催 北海道・地域創造アトリエネットワーク・ARCHあさひ・あさひサンライズホール・(株)tatt
後 援 士別市・士別市教育委員会・朝日公民館
協 力 企画協力:北海道演劇財団
制作協力:ダブルス
企画制作 (株)tatt

この公演について

札幌座の斎藤歩と、
tatt_Inochi_ura_ol

イレブンナインの納谷真大が

tatt_Inochi_ura_ol
12月の「ゴドー」を経て
再びコンビを結成。
岸田國士の戯曲で命を弄びます。

3月1日(金)~3日(日)の3日間
3ステージ限定公演

1月18日(月)、チケット発売開始です。

2月27日(水)には士別市朝日町の
あさひサンライズホールでの公演もあります。

演出家からのメッセージ

 日本の現代劇の父とまで呼ばれている岸田國士の作品を、しかもこれまで何度も上演してきた大好きな「命を弄ぶ男ふたり」を、斎藤歩という尊敬する俳優と一緒に創れることは、演技者として、この上ない幸せです。
 が、それを演出するのは、とんでもないプレッシャーです、不幸です。
 この作品は、自ら命を断とうとする男二人が偶然出会うところから始まるという、実に悲劇的な物語な気がするのですが、実は、男二人が互いに身の上話をするうちに、減らず口の応酬を繰り広げていくコメディーなのです。悲喜劇なのです。
 関西のコテコテの笑いの中で育ち、師匠から「君のつくる笑いには品が無いんだよ」と言われてきた私が生み出す悲喜劇が、斎藤歩に通用するのか?どうなんだ?ぶっちゃけ、わかりません!
 しかし攻めますよ!前のめりになって攻めていきます!どんなことになってるか、観に来てください。

キャスト

斎藤歩
納谷真大

スタッフ

照明:秋野良太(祇王舎)
音響:後藤七瀬
舞台監督:梅原たくと
宣伝美術:若林瑞沙(studio COPAIN)
プロデューサー:小島達子(株式会社tatt)

チケット料金 一般:3,000円
学生:1,500円
高校生以下:1,000円
(前売・当日共通、全席自由、税込み)
(未就学児童入場不可)
公演日程 3月1日(金) 19:00~
3月2日(土) 14:00~
3月3日(日) 14:00~
(開場は開演の30分前)
全席自由
チケットの取り扱い エヌチケ https://www.ticket.ne.jp/nt/
チケットぴあ(P:492-038)
ローソンチケット(L:11719)
大丸プレイガイド TEL 011-221-3900
北海道演劇財団 TEL 011-520-0710
(平日10:00~18:00)
お問い合わせ 北海道演劇財団
TEL 011-520-0710

公演一覧へ戻る

ページトップへ