シアターZOO

札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F/011-551-0909

  • twitter
  • facebook

小さい演劇祭★第4回男芝居フェスin札幌

札幌ハムプロジェクト

7月16日~7月21日

2019年7月、小さい演劇祭シリーズ「男芝居フェス」を札幌で初めて開催いたします。
東京の様々な小劇場で過去九回開催された、”ソフトとしての演劇祭”が海を越えます!
■ どんな演劇祭?
 =「15~20分の"男要素が絡む"作品×9団体の演劇祭」
・1ステージに3団体上演
・観客投票により観客賞(副賞10万円)が決定

■ 各賞
・観客賞: 賞状と副賞10万円&第5回男芝居フェスin東京の参加権
・大賞 : 賞状と副賞1万円
・優秀賞: 賞状

※各団体の詳細はホームページにて

詳しくはこちら

micelle新作公演「μ∴」 ワークインプログレス ショーイング

micelle

7月24日

micelleは2019年9月に、ユニットとしては珍しい完全即興ではないダンス公演を行います。
今回はその公演に先駆け、クリエーションを実施、来る7月24日に本公演の創作過程を公開するものとしてのワークインプログレス(公開稽古)を実施します。
コンタクト・インプロビゼーションの世界ではしばしば起こる、見えていないはずのダンサーと同じタイミングで動いていたり、触れている相手との体の輪郭が曖昧になるような感覚など、ダンスにおける共時性。体の輪郭線から社会的な線引きまで、「境界線とは何か、他者とは何か」を5人のダンサー達が自身らのエピソードも交えて探求します。
終了後にはディスカッションも予定しております。この機会にぜひご高覧ください。

詳しくはこちら

つる割れた茎

空間シアター アクセプ

8月24日~8月25日

青森から、空間シアターアクセプが
シアターZOOに初登場。

かつて弘前劇場で何度も札幌を訪れた
福士賢治さん、小笠原真理子さんらが
久しぶりにZOOの舞台に立ちます。

田邉克彦の作・演出です。

詳しくはこちら

雪虫

道産子男闘呼倶楽部

8月30日~9月01日

出色異色な道産子たちの
強くも儚い協奏曲

山で暮らす元自衛官の老人と
街へ連れ戻したい息子…
どこからか逃げてきた若い女と
追いかけてきた男…

山荘の軒先には無数の雪虫が舞っていた…。

昨年9月に予定していた札幌公演が
震災の影響で延期となり
今年8月、ようやくリベンジが実現します。

9月5日には、登別市民会館でも公演します。
9月5日(木)18:30~
 登別市民会館(登別市富士町7-33-1)
ご予約・お問い合わせは、TEL 0143-85-6585(健千窯)へ

詳しくはこちら

SAPPORO DANCE BOAT PEOJECT 2019

micelle・Monochrome Circus

9月15日~9月16日

ダンスの可能性を体感する2日間

SAPPORO DANCE BOAT PEOJECT 2019 は、
micelle が主催する、接触と即興のコンテンポラリーダンス
「コンタクトインプロビゼーション」のプロジェクトです。

2019年度は、京都を拠点に活動するダンスカンパニー Monochrome Circusの
坂本公成さん・森裕子さんをお招きし、
若手舞踏家の育成を目的とした共同制作を行います。
札幌のコンタクト・ユニットmicelleが演出する1作品「μ∴」と
坂本公成が演出する2作品「Endless」「lemming」
の3作品を2日間に渡り上演します。

最先端のダンスと札幌から生まれるダンスの可能性を体感する2日間です。

詳しくはこちら

女と男、座面と境界~La famme et l'homm , Surface du siège et bordure

プロト・パスプア/RED KING CRAB/劇団・木製ボイジャー14号

9月20日~9月23日

シアターZOOの新進劇作家育成プログラムの最終課題として
芸術監督・斎藤歩が3人の劇作家に指定した課題は
女と男の二人劇。舞台上にはベンチとフェンスのみ。30分。
という縛り。
小佐部・竹原・前田の3劇作家が、3話連続で3つの物語を上演します。

「命の漂泊」小佐部明広
「尋ねもの」竹原圭一
「チース」前田透

次世代の劇作家が、女と男の台詞で勝負する90分です。

詳しくはこちら
 
 
 
 
 
 

公演情報

雪虫

道産子男闘呼倶楽部

8月30日~9月01日

上演スケジュール一覧はこちら
STAGE NEWS 札幌座 中島もぐる先生の劇場マナー講座 TGR 札幌演劇シーズン ZOOサロン