シアターZOO

札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F/011-551-0909

  • twitter
  • facebook

こっちにくるとあの景色がみえるわ

intro

5月17日~5月20日

introのイトウワカナが
久しぶりの新作を
シアターZOOで、発表します。

家族と建物の記憶についての
ファンキー・マンション・ファンタジー
全8戸、駐車場がロードヒーティング
駅まで徒歩25分
周りには何もない「ハイツ櫻の園」を舞台に
交錯する住人たちの物語

詳しくはこちら

シンデレラ

劇のたまご~ぐりぐりグリム第2章

5月25日~5月27日

シアターZOOが子どもで一杯になる企画
「劇のたまご」
昨年好評だった「ぐりぐりグリム」第2弾は
お馴染みの「シンデレラ」
斎藤歩の構成演出でお届けします。
秋には、もう一回
清水友陽の構成演出で「ぐりぐりグリム」します。

「シンデレラ」とは「灰かぶり」もしくは「灰かぶり姫」という意味だそうで、灰だらけの可哀そうな女の子が、王子様に見染められてお妃になってしまうお話です。
グリム童話の「灰かぶり」には、ガラスの靴も、魔女も、カボチャの馬車も出てきません。王子さまも、ちょっと面白おかしく登場します。
ぐりぐりグリムの不思議な森に現れた「シンデレラ」は、きっと見たことも聞いたこともない、新しいシンデレラになりますよ。

ペングアートの子どもたちと、一緒にデザインして工作した舞台美術も
お楽しみに。

出演は
櫻井幸絵
member_director_hashiguchi
西田薫
IMG_0903
櫻井ヒロ
cast_sakurai
横尾寛
yoko
熊木志保
kumaki-a

ファミリーデーも用意して
小さなお子様連れのお父さん、お母さん、おじいちゃん、、おばあちゃんも
気兼ねなくお楽しみいただけます。

詳しくはこちら

佐藤信さん トークセミナー

シアターZOOラボ

5月28日

佐藤信さんと言えば、私の世代であれば「黒テント!」と即答する、日本の演劇界におけるレジェンドのお一人です。既存の劇場を使った演劇とは一線を画した活動を続けて来られ、トラックで全国を回るテント劇団を主宰し、北海道にも何度も公演に来られて、数々の伝説を遺してきた人です。1997年に演劇専用の公立劇場として異色の現れ方をした「世田谷パブリックシアター」の初代芸術監督として、設立の10年ほど前からその劇場と地域の関係づくりに力を注ぎ、現在は杉並区の演劇専用劇場「座・高円寺」の芸術監督を務められています。
札幌に大きな公立劇場が誕生しようとしている今年、現在も日本の劇場運営のトップリーダーとして活動を続ける佐藤信さんをお招きして、お話を伺います。私は個人的に世田谷パブリックシアターや座・高円寺で劇場の芸術監督である佐藤信さんには随分お世話になっていまして、演出家としての信さんにも「リア王の生涯」や「瀕死の王」という大作で演出作品に参加させていただき、影響を受けてきました。
信さんが今、劇場という場所について、どんなことを喋ってくれるのか、どんなことをお感じなのか是非聞いてみたいことと、ぜひ信さんのお話を、札幌の若い世代の演劇人たちに聞いておいてもらいたいと思い立ち、恐る恐る信さんに電話をしたところ、「いいよ!」と案外軽く引き受けてくださいました。滅多にない機会です。
北海道演劇財団 芸術監督 斎藤 歩

詳しくはこちら

アノマリーガール

総合芸術ユニット えん

6月02日~6月03日

東京オリンピックが閉幕してから約20年の年月が経ち
世界中の情報科学技術は目紛しい成長を遂げた
人類は自然との共存をやめ、現実と類似した世界を創り
コンピュータとの共存を始める

「私は、仮想桃源郷の中で長い夢を見ている。」

詳しくはこちら

歌は自由を目指す

弦巻楽団

6月15日~6月17日

小さな国の小さな町。家業を継いだ弟の元に、歌手を目指して家を飛び出した兄が帰って来た。家族がめちゃくちゃになったことを知らない兄の様々な国をまたぐ武勇伝に、末の妹は夢中になっている。お土産は詩の書かれた一枚の紙。兄の話はどんどん飛躍していく。まるで兄の歌のように。弟は、どうせ作り話だと思って話半分に聞いている。全部嘘じゃないか。まるで兄の人生のように。

一篇の歌詞を巡る旅に出た兄と、実家にとどまり生活してきた弟。二人の並走する人生は、思わぬ繋がりを見せる。

6人の役者が様々な登場人物を演じ、即興演奏のように移り変わる物語を紡いでいく。「サウンズ・オブ・サイレンシーズ」以来2年ぶりの新作は、弦巻楽団が初めて取り組む、一風変わった『ホームドラマ』!

詳しくはこちら

「粛々と運針」札幌公演

iaku

6月23日~6月24日

チクチクと針を運ぶ。チクタクと進む秒針。2つの無関係な家庭を縫い合わせてみる。

築野家。弟と二人で母を見舞う。病室で母から紹介されたのは、「金沢さん」という俺たちの知らない初老の紳士。親父が死んだあと、親しい仲らしい。膵臓ガンを告知された母は、金沢さんと相談の結果、穏やかに最期を迎えることを選んだという。まだ治療の可能性はあるのに。なんだよ尊厳死って。誰だよ金沢さんて。

田熊家。平均寿命くらいまで支払いを続けたら自分のものになる小さな一軒家を去年購入。その家のどこかで子猫の鳴き声がする。早く助けてあげたいけど、交通事故で頸椎を痛めた夫はケガを理由に探してくれない。私は、お腹に新しい命を宿しているかもしれないのに。不思議。この話の切り出し方が分からない。

iaku

平凡な生活の内に潜む葛藤を、周到な会話で描き出すiakuの新たな試み。

2017年6月初演。東京・大阪で圧倒的評価を受け、早くも2018年に再演決定。東京・こまばアゴラ劇場での公演を皮切りに、全国4箇所を巡演。iakuの札幌公演は2014年以来、4年ぶりとなる。

詳しくはこちら

フレップの花、咲く頃に

札幌座

6月28日~7月04日

そこに国境はなかった
ただ人と人とが、生きるために向き合い
共存していた

1945年8月15日、日本の敗戦をサハリンで迎え
帰国した日本人たちの手記から着想を得た物語を
ホエイの山田百次が戯曲化


札幌在住・サハリン出身のアリョーナを友情出演に迎え


昨年、MAMの「父と暮せば」でTGR俳優賞を受賞した高橋海妃


RED KING CRABの竹原圭一


西田薫


そして熊木志保を配役


朝鮮人、日本人、ロシア人、樺太アイヌたちが
国家・民族の垣根を越えて一つのコミュニティを
奇跡的に形成していた「混住」の時代
個人レベルでの心の交流を描きます。

詳しくはこちら

The 別役!

座・れら

7月12日~7月15日

座・れら第14回公演
シアターZ00提携公演
『The 別役!』
別役実二人芝居厳選5作品を一挙上演

1970年代以降、日本の演劇シーンに衝撃を与え続けた別役実の不条理劇。
世界そのものが不条理となって行く現代、
別役劇があらたな姿で浮かび上がる。
別役実二人芝居厳選5作品一挙上演!

『招待されなかった客』
7/12(木)18時〜
7/15(日)16時〜

『いかけしごむ』
7/14(土)16時〜
7/15(日)12時〜

『眠っちゃいけない子守歌』
7/13(金)20時〜
7/14(土)20時〜

『星の時間』作・別役実
7/13(金)18時〜
7/14(土)14時〜

『上演作品近日公開!』
7/12(木)20時〜
7/14(土)18時〜

詳しくはこちら
 
 
 
 
 
 
 
 

公演情報

シンデレラ

劇のたまご~ぐりぐりグリム第2章

5月25日~5月27日

上演スケジュール一覧はこちら
STAGE NEWS 札幌座 中島もぐる先生の劇場マナー講座 TGR 札幌演劇シーズン ZOOサロン