シアターZOO

札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F/011-551-0909

  • twitter
  • facebook

おもり

ポケット企画

11月01日~11月03日

大人になる直前、いつまでも家族の世話にはなれないし、
でも自分の世話はしていかないといけない。
成人前最後、10代のぼくら。
ああ、思ってたより、思い出がおもい...。
生演奏のジャズと、平均年齢19歳の座組みでお送りします!!

ポケット企画は、主に演劇を公演するための企画団体です。
2018年11月にオノベカで旗揚げ。
以降も、翌年2月に第2回公演、3月に第3回公演、6月にLONELY ACTOR PROJECT参加、8月に京都の旅劇団ベビー・ピーゲスト出演と公演を重ねてきました。
“ポケットに入れて持ち運べるような演劇”をテーマに、普段はアートスペースや飲食店、カフェなど狭い空間で芝居を上演しています。

詳しくはこちら

秋のシアターZOO寄席

平成開進亭

11月09日

恒例の秋のシアターZOO寄席
今年は、TGR2019札幌劇場祭に初参加。
笑福亭たまさんと、桂枝光
二人会です。

詳しくはこちら

フランケンシュタイン~あるいは、おいらの家族

木製ボイジャー14号

11月14日~11月17日

あの名作フランケンシュタインを、この現代日本に超変換!
したら、どこがフランケンシュタイン?
だけど確かにフランケンシュタイン。

「おいらは教師。妹は寿司屋でバイト(ホール担当)。オトンは定年間近のサラリーマン。おかんはいない。怪物だとか、悪魔だとか、鬼だとか、陰でこそこそ言われてんだ。普通の人間なんだけど。」
主人公のアニオは30歳。文芸部顧問。
学生時代のあだ名はフランケン。
最近とってもイライラしている。
それを紛らわすように週末は治安の悪い地元に帰り、
友人と深夜のドライブに繰り出している。
妹のイモコは寿司屋の店長と恋仲であるが
どうしてツケ場に女性がいないのだろう、最近そう思っている。
ある日、通っていた個人塾の先生が殺されてしまう。
斎場で再開した、2代目フランケンとあだ名されていた男。
記憶に薄い3代目フランケンの存在。
実家に忍び寄る魔の手。
部活をサボる女学生。

フランケンシュタインは人間?それとも怪物?
鬼?悪魔?

詳しくはこちら

七人の部長

厚別高校演劇部

11月23日

女性ばかり7名の出演者による濃い演劇をシアターZOOで発表します。

部活動予算会議のために集められた7人の部長たち。
予算が少ないことに疑問を呈した演劇部部長の発言をを発端に、
話はおかしな方向へ・・・

女子高を舞台にしたドタバタコメディです。

詳しくはこちら

ロボダン

琴似工業高校定時制 演劇部

11月24日

工業高校定時制ロボット研究部。ほぼ活動休止状態。
たった二人の部員がなんとかしてロボットコンテストに出場したいと考えるが、
肝心のロボットを作ることができない。

一人が講じた禁じ手の秘策。
常識の通じない乱入者を加えロボットコンテストを目指すが・・・

詳しくはこちら

ありあけ

RED KING CRAB

11月29日~12月01日

これは月日が経っても変わらない、
僕の「ともだち」の話です。

ありあけとは、まだ月があるのに夜が明ける空の様子を言う。
RED KING CRAB第5回公演のテーマは「ともだち」

終戦後の札幌創成川を舞台に巻き起こる、
仲間たちとの再会と、別れの物語。

詳しくはこちら

大泥棒ホッツェンプロッツ

劇のたまご

12月06日~12月08日

あの大どろぼうを、つかまえろ!

ピストル1ちょう、サーベル1ふり
短剣7ほんぶらさげて、黒ひげはやしたおおどろぼう
ホッツェンプロッツが「劇のたまご」に登場です。

世界一危険な大どろぼうを捕まえるため、
二人の少年カスパールとゼッペルが知恵をしぼります。
じゃがいもの皮をむく魔法だけは苦手な大魔法使いや
かえるの姿に変えられてしまった妖精
ちょっとのんきな警察官など、
ひとくせも、ふたくせもある人たちが
童話の世界を飛び出してシアターZOOに現れます。

無事、おばあさんのコーヒー挽きを取り返すことができるのか?
おとなも、子どもも楽しめる
奇妙キテレツな冒険をぜひごらんください。

詳しくはこちら

聖夜の憂哀歌(ブルース)~すすきのを爪弾く

ru企画

12月23日~12月24日

・・・かあさん、毎晩こんなとこで何やってんのよ?
・・・なんもだ、饅頭、売ってんだわぁ

斎藤歩が、札幌の歓楽街ススキノの裏町を舞台に
オリジナル短篇小説7本を書き下ろし
西田薫とともに朗読し
今注目の若手ギタリスト・山木将平が
 生演奏のブルースでカヴァーします。

聖夜に儚い夢が浮き沈むススキノの
極彩色のネオンの影
路地裏で営まれる男と女の断片です。

閉店間際のラーメン店、薬局、交番、路上の易者、24時間保育園
ホテル街の柳の木の下など

バブル崩壊直後の昭和~平成初期のエピソードをベースに
クリスマスのススキノを流離う
女と男の孤独な魂を描きます。

詳しくはこちら
 
 
 
 
 
 
 
 

公演情報

おもり

ポケット企画

11月01日~11月03日

ロボダン

琴似工業高校定時制 演劇部

11月24日

上演スケジュール一覧はこちら
STAGE NEWS 札幌座 中島もぐる先生の劇場マナー講座 TGR 札幌演劇シーズン ZOOサロン