シアターZOO

札幌市中央区南11条西1丁目3-17 ファミール中島公園B1F/011-551-0909

  • twitter
  • facebook

ひかりごけ

ELEVEN NINES

1月28日~2月04日

前売券情報(1/30)
1月28日(土)18:00
1月29日(日)14:00
1月29日(日)18:00
1月31日(火)14:00 ←新たに売切れ
 そして、千穐楽
2月4日(土)14:00
 の前売券も、売切れとなりました。
詳しくは、イレブンナインホームページ
http://eleven9.jp/
をごらんください。


「あなただったら食べますか?」
「食べるかもしれません。生きるために。」

北海道で実際に起きた人肉食事件をもとに描いた
武田泰淳の同名小説を
イレブンナイン納谷真大が2021年に戯曲化。
TGR札幌劇場祭2021で大賞を受賞。

極限状態におかれた人間の、
生きるために「仲間の肉を食べる」という行為を通して、
「生」が内包している様々な矛盾と向き合いながら
「生きること」の意味を問いかけた話題作

2023年冬、札幌演劇シーズンにて再演決定!

極寒と飢餓の極限状態───
その時何が起きたのか?

第二次世界大戦が激化する1943年の冬
知床沖で日本軍の徴用船が大シケに遭い座礁した。
船長と3人の乗組員は知床半島に上陸し、洞窟へと避難。

極寒なうえ食料も一切ない状況で、
時には言い争いながらもなんとか協力して生き延びていた彼らだが
救助がない日々が続き体調を崩していた一人が
ついに死んでしまった。
極度の飢餓状態であった3人は仲間の死体を前に、
その肉を食べるかどうか選択を迫られる。

6ヶ月後、生き残ったのは1人だけだった。
彼は人肉を食べた罪人として裁判へと出廷する。
彼はどんな選択をして6ヵ月物期間を生き残ったのか。
やむを得ない状況で人肉を食べることは、
果たして罪なのか。

詳しくはこちら

<不思議の国のアリス>の帽子屋さんのお茶の会

劇団ひまわり みずとめ座 第6回公演

2月10日~2月12日

【お知らせ】
2023/1/20~1/22 シアターZOOにて上演予定の
「<不思議の国のアリスの>帽子屋さんのお茶の会」ですが、
演出家の大怪我により、公演を延期とさせていただきます。
延期後の日程は下記となります。

 <延期後の公演スケジュール>
 2月10日(金)19時30分
 2月11日(土)13時00分/16時00分/19時00分
 2月12日(日)11時00分/14時00分

ご来場を予定されていたお客様には
ご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。
また、すでにチケットをご予約いただいているお客様には、
別途ご案内のメールをお送りいたします。
延期後の日程で改めて足をお運びいただければ幸いです。

深い森の中。帽子屋が、あたふたとお茶の会の準備をしている。
チシャ猫と三月兎がお客を集めに行ってくれているのだが、
無事にお茶の会を開催できるか心配でしょうがない。
そこに、通訳を連れたアリスやら、東の国から来た使者やら、
公爵夫人、眠りねずみ、市長、魔法使いまでやってきて……。

別役実は童話作家としても活躍し、
たくさんの不思議な作品を書いています。
この戯曲も童話集の中に収められています。
おとなも子どもも楽しめる、
不思議なお茶の会にどうぞご参加ください。

詳しくはこちら
 
 

公演情報

上演スケジュール一覧はこちら
STAGE NEWS 札幌座 中島もぐる先生の劇場マナー講座 TGR 札幌演劇シーズン ZOOサロン