市民活動

演劇等の創造環境の充実及び市民活動の育成に関する事業

 演劇は、舞台の感動そのものを通して、世界や人間に対する新しい見方を届ける一方、地域社会のコミュニケーションに関する分野で、公共の問題解決に大きな力を発揮します。演劇が、人と人の関係性の表現と言われるゆえんです。
 当財団では、演劇の持つこの力を利用して、演劇を地域社会に役立てる活動を広く展開しています。

市民活動との協力

特定非営利活動法人札幌座くらぶ

 札幌座を支援するサポーターの組織です。札幌座をはじめ札幌で活躍する劇団やアーティストと協力し、演劇を通じて豊かな街づくりを行います。
 毎月1回、演劇活動を行うアーティスト、まちづくり活動を行っている人などをゲストに招いて「シアターZOOサロン」を開催しています。ゲストのお話を聞くだけでなく、参加者が飲食しながら、意見を交わし、情報を交換する貴重なサロンになっています。

各地の演劇公演実行委員会

 「清田区演劇の集い」、「サンピアザ劇場で芝居を観る会」、「江別札幌座くらぶ」など、各地で草の根的に演劇公演を準備する実行委員会が立ち上がっています。これらの団体は、演劇公演を準備することを通して、地域のさまざまな団体と協力関係を作り、地域社会のコミュニティ作りに貢献しています。

演劇創造都市札幌プロジェクト

 創造都市をめざす札幌は、演劇創造に関する総合的な政策を持つべきです。我がまちの劇団を創り演劇のプロフェッショナルを支援することが必要です。100人のプロフェッショナルな演劇人が活躍することをめざし、意欲的に新作が定期的に創られ、札幌で創られた演劇を世界に向けて発信できるようにめざします。2012年から、夏と冬に「札幌演劇シーズン」を開催し、地元劇団によるレパートリー作品の上演を行っております。

演劇創造都市札幌プロジェクト

ページトップへ