ゴドーを待ちながら

ゴドーを待ちながら

北海道演劇財団

札幌文化芸術劇場hitaruオープニングシリーズ主催事業

ゴドーを待ちながら

画像をクリックするとチラシを閲覧できます

上演日程 2018年12月17日~2018年12月25日
作 者 サミュエル・ベケット
翻 訳 安堂信也・高橋康也
演 出 斎藤歩
会 場 札幌文化芸術劇場hitaruクリエイティブスタジオ
住 所 札幌市中央区北1条西1丁目札幌市民交流プラザ3F
主 催 公益財団法人北海道演劇財団・札幌文化芸術劇場hitaru(札幌市芸術文化財団)・NPO法人札幌座くらぶ
後 援 札幌市、札幌市教育委員会、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ放送、UHB北海道文化放送、TVhテレビ北海道、STVラジオ、AIR-G'FM北海道、FMノースウェーブ、FMアップル、北海道新聞社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社
助 成 文化庁 文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
企画制作 北海道演劇財団

この公演について

「ゴドーを待ちながら」
12月22日(土)14:00~と
12月23日(日)14:00~の公演の前売り券完売に引き続き
12月19日(水)13:00~
の前売り券も、完売しました。

12月17日(月)~25日(火)の全10ステージのうち
7ステージは、まだ残席があります。

混迷を深め、閉塞感が漂う世界
絶望的で笑えない限界に陥った人間の状況を嗤う名作
現れない救世主を待ち続ける「ゴドー」を
札幌から、世界へ。

「ゴドー」を札幌文化芸術劇場hitaruのオープニングシリーズとして
クリエイティブスタジオで公演します。
新しい劇場の創造スタジオに
かつての寺山修司作品には欠かせない存在であり
2016年には野村萬斎演出による「マクベス」でも札幌の舞台に立った
特異な身体性を誇る二人の怪優、福士惠二と高田恵篤を東京から招きます。
   
そして、斎藤歩と納谷真大、札幌を代表するベテラン俳優二人が主演し
   

斎藤歩の演出で、ベケットの不朽の名作を創造都市札幌から、世界へと発信します。

演出家からのメッセージ

 アイルランド出身の劇作家、サミュエル・ベケットが執筆したこの戯曲は、1953年の初演以来、世界中の演劇人に大きな影響を与えてきました。「ゴドー」は世界中で、勿論日本においても現代演劇の世界遺産的作品として知られ、上演が繰り返されています。「ゴドー」をヒントに創作された作品も数限りなく、第二次世界大戦という人類最大の殺戮が行われた直後のヨーロッパで創作されたこの作品がその後、世界各地の紛争や大災害の起こった場所の劇場でも、繰り返し上演されてきました。北海道の網走刑務所では串田和美さん演出で緒形拳さんが出演した「ゴドー」が2000年に上演されています。
「ゴドー」という救世主をひたすら待ち続けるこの滑稽な作品が、長い景気低迷や未曽有の大災害に繰り返し見舞われ、閉塞感が漂い、救世主をイメージすることすら難しい現代日本を生きる私たちに何を問いかけるのでしょうか。

キャスト

斎藤歩(札幌座)
納谷真大(イレブンナイン)
福士惠二
高田恵篤(演劇実験室◎万有引力)

鶴田茉夕(劇団ひまわり)

スタッフ

演出助手:櫻井幸絵(札幌座)
舞台美術デザイン:島次郎
舞台監督:高橋詳幸(アクトコール)
舞台監督助手:横尾寛(ヨコオ制作所)
大道具製作:アクトコール
照明プラン:大野道乃
照明オペレーター:札幌文化芸術劇場hitaru
衣裳デザイン:磯貝圭子(札幌座)
衣裳製作:山本菜穂(札幌座)
小道具:高子未来(札幌座)・熊木志保(札幌座)
宣伝美術:若林瑞沙(studio COPAIN)
撮影:田邊馨(studio COPAIN)
著作権代理:(株)フランス著作権事務所
制作協力:劇団ひまわり・エヌチケ

チケット料金 一般:4,000円
学生:2,000円
高校生以下:1,000円
(前売・当日共通/全席自由・税込み)
※未就学児は入場できません
※札幌座くらぶ会員の方はご招待(要予約)
公演日程 12月17日(月) 19:00
12月18日(火) 19:00
12月19日(水) 13:00/19:00
12月20日(木) 19:00
12月21日(金) 19:00
12月22日(土) 14:00 ←前売り券完売
12月23日(日) 14:00
12月24日(月・祝) 14:00
12月25日(火) 14:00
※開場は開演の30分前 
チケットの取り扱い 【プラザメンバーズ先行発売】
9月29日(土)
WEB会員限定
 札幌市民交流プラザメンバーズサイト
 <https://sapporo-cp-members.jp/>
DM会員限定
 道新プレイガイド窓口(道新ビル1F)
 ☎ 011-241-3871
 受付時間:10:00~18:00 要会員カード
10月7日(日)からは市民交流プラザチケットセンター(2F) でもお求めいただけます。

【一般販売】
10月13日(土)10:00~販売開始

◆札幌市民交流プラザメンバーズサイト
 <https://sapporo-cp-members.jp/>
◆道新プレイガイド
 ☎ 011-241-3871 <https://doshin-playguide.jp/>
◆市民交流プラザ チケットセンター
 (市民交流プラザ2F)
◆エヌチケ(チケットを公演当日会場受取、手数料なし)
 <https://www.ticket.ne.jp/nt/>
◆チケットぴあ
 <Pコード:488-051>
◆ローソンチケット
 <Lコード:12736>
◆大丸プレイガイド(平日10:00~19:30,日祝~19:00)
 <☎ 011-221-3900>
◆北海道演劇財団(平日 10:00~18:00)
 <☎ 011-520-0710>
※車いす席をご希望の方は道新プレイガイドへ

お問い合わせ 北海道演劇財団
 <☎ 011-520-0710>平日10:00~18:00
札幌市民交流プラザ・劇場事業課
 <☎ 011-271-1950>平日9:00~17:00

公演一覧へ戻る

ページトップへ