「渇いた蜃気楼」

「渇いた蜃気楼」

下鴨車窓(京都)

シアターZOO提携公演

「渇いた蜃気楼」

上演日程 2017年07月01日~2017年07月02日
作 者 田辺剛
演 出 田辺剛
主 催 下鴨車窓、北海道演劇財団、NPO法人札幌座くらぶ
助 成 芸術文化振興基金

この公演について

京都を拠点に創作・公演をしている現代演劇のユニット「下鴨車窓」は、『渇いた蜃気楼』を2017年7月に札幌と大阪にて上演いたします。この作品は2014年初夏に「わたしの焦げた眼球/遠視」というタイトルで名古屋、京都、三重、広島、松山で上演されました。2015年秋には現在のタイトル「渇いた蜃気楼」に改題され京都と岡山で、2016年初夏に福岡、北九州、東京と現在まで9都市10会場で上演を重ね好評を得ているレパートリー作品です。

『渇いた蜃気楼』02_s

現代日本のある地方都市を舞台にした、淡々としたリアルな描写の中にも歪んだ不条理性を滲ます、酷暑の男女三人の物語です。どうぞご期待ください。(上演時間、約1時間30分)

演出家からのメッセージ

シンキロウかと思った。なんか全部。
じゃなかった、だったらよかったのに、
とかむしろ。

とある小さな地方都市。その夏は例年にない酷暑でダムも干上がってしまうほどだった。町には給水車が走り道の人影もあまりないように感じられた。みんな家の中にこもってじっとしているんじゃないか、この暑さが去るのを祈って。そんな想像が働く。
 安アパートの角部屋に住む夫婦だ。実際にその夫は祈らんばかりの気持ちでいた。給水車が来る時間だ、近所のスーパーまでポリタンクを持っていかねば。持っていくのはまだしも、持って帰ることを考えると憂鬱になる。けれども水無しには生きていけないから、妻だってまだ諦めてはいないはずだから、もろもろ。

キャスト

大沢めぐみ、藤原大介、高杉征司

スタッフ

照明:ぶっちヨ
舞台監督:OFT
写真:築地静香
制作補:小室明子(ラボチ)

チケット料金 一般:2,500円
ペアチケット:4,300円
ユース:1,800円(25歳以下)
公演日程 7月1日(土)13:00~ 終演後トークショー:岩崎真紀(ライター・編集者)
17:00~ 終演後トークショー:イトウワカナ(劇作家・演出家、intro)

7月2日(日)13:00~
チケットの取り扱い Web:http://mogamos.link/4
お問い合わせ LINE: @cmv9342e
TEL : 050-3709-9538
Mail: hello@mogamos.link

公演一覧へ戻る

ページトップへ