ある映画の話

ある映画の話

proto Paspoor #01

シアターZOO企画公演・TGR参加作品

ある映画の話

画像をクリックするとチラシを閲覧できます

上演日程 2017年12月01日~2017年12月03日
作 者 小佐部明広
演 出 小佐部明広
会 場 シアターZOO
主 催 クラアク芸術堂企画運営委員会/公益財団法人北海道演劇財団/NPO法人札幌座くらぶ
後 援 札幌市
助 成 文化庁(平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業)
協 力 さっぽろアートステージ2017実行委員会
札幌劇場連絡会
企画制作 クラアク芸術堂

この公演について

proto Paspoor は、「純文学」と「身体」と「声」をキーワードに、

舞台表現の可能性を模索し追及する

クラアク芸術堂内の実験グループです。(ディレクター:小佐部明広)

※ ※ ※ ※ ※

青年が、ある映画の話を始める。

その映画の主人公である「僕」は、自分を映画の登場人物のようだと思っている。

僕は大学の男友達の恋人と頻繁に肉体関係を持ったり、

わけもなくその女の首をしめたりして、

一瞬の実感を得る。

実感を得たことで機嫌が良くなったかと思えば、

ふとしたことですぐに失望してしまう。

女は僕と付き合いたがっているが、

僕にその気はない。

ある日、中学時代の同級生の女と再会するが、

彼女は耳が聞こえなくなっていた。

彼女と触れ合ううちに、僕は少しずつ人間を取り戻していくが、

そんな中、

僕の兄が同棲中の女を殺してしまったことを知らされる……。

演出家からのメッセージ

こういうなんとも言い難い感情や、思考、行動に、なぜだか僕は深く共感する。この作品を「不道徳」と片づける人もいると思うが、それでも、この作品は上演される価値のあるものだと思っている。

キャスト

僕 高橋寿樹(クラアク芸術堂)
僕の兄 中村雷太
僕の女 仁木わかな
僕の女の恋人 若月篤(クラアク芸術堂)
僕の元同級生 遠山くるみ
青年 植松遼平(カンガルーパンチ)

スタッフ

舞台美術:高橋詳幸(アクトコール株式会社)
舞台デザイン:川崎舞
照明:高橋正和
音響:小佐部明広
衣裳:松島みなみ
小道具:佐藤智子
宣伝美術:小佐部明広
宣伝美術撮影:種田基希(クラアク芸術堂)
制作:後藤夏実

チケット料金 2,000 円
 前売り・当日ともに
公演日程 12月1日(金) 20:00~
12月2日(土) 14:00~/19:00~
12月3日(日) 12:00~/16:00~
※上演開始の30分前からご入場いただけます。
 上演時間は60~70分を予定しています。
チケットの取り扱い https://www.quartet-online.net/ticket/paspoor01?m=0ggcifh
ローソンチケット: Lコード・15043

E-mail
pp.paspoor@gmail.com
TEL
080-5592-3706(担当:ゴトウ)
011-551-0909(シアターZOO)
チケットご予約の際は「来場日時」「お名前(読み仮名)」「ご連絡先」「チケット枚数」をお知らせください。
お問い合わせ E-mail
pp.paspoor@gmail.com
TEL
080-5592-3706(担当:ゴトウ)
011-551-0909(シアターZOO)

公演一覧へ戻る

ページトップへ